整体院「信玄」ブログ

はじめに

腰痛の原因は、

 

1、脊椎とその周辺組織に由来すつ腰痛

 

2、脊椎以外の臓器。すなわち内臓や後腹膜の臓器である大動脈や腎臓に由来する腰痛の2つに大別される。

 

さらに、退行性変性、外傷、腫瘍、炎症などに分類される。

 

整体院や整骨院にこられる方は主に2つ。

 

一つに、急性期のいわゆる“ぎっくり腰”、“腰椎捻挫”と呼ばれる急性腰痛

 

二つ目は、腰部脊椎症、椎間関節症、腰椎ヘルニア、脊柱管狭窄症など退行性疾患や慢性腰痛である。

 

 

 

 

整形外科などに行けれ、診断を受けたが、後になって別の病態であるケースも多々ある。

 

ではどんなケースがあるのかご紹介していきましょう。

見逃されやすい腰痛

腰下肢痛を有する症例で、腰仙椎部退行性疾患と診断したが、最終的には別の疾患であった症例は少なくない。

 

見逃されやすい腰痛の病態は、腫瘍、感染、仙腸関節の病変(骨盤輪不安定症など)がある。

 

 

腰痛の原因は85%が原因不明と発表されている。

 

それである為、診断を付ける医者は本当に大変なものだろうと想像がつく。

 

私たちにできる事は、筋肉、骨、内臓、軟部組織といったところだろう。

 

姿勢、動作、生活といった所でのサポートをしていく必要がある。